皆様こんにちは~!今宵も齋藤がお送りします!小ネタ集~(^^;


今回はマニアックな話をしちゃいます。

それは・・ハンドルの形状についてです!

皆様はある程度ハンドルには様々な形状があるのはご存じかと思いますが、その形状が変わることによってなにが変わるのか、少しご説明したいと思います(  ̄- ̄)

まずハンドルですが、リーチとドロップと呼ばれる部分があります。

まずリーチですがこれはハンドル上部からパイプラインの位置が一番前に突き出た位置までの距離のことを示しており、これの長さが変わることによってポジションが遠くなったり短くなったりします。
20191110_165003.jpg

もうひとつのドロップとは、上ハンドルから下ハンドルの距離のことを示します。
これが変わると下ハンドルの握る位置を落差のあるポジションにしたりすることが出来ます。
20191110_165025.jpg

ではこの2つの関係がどこまでハンドルの形状を左右させるのか検証したいと思います!


まず1つ目はコンパクトハンドルというものです。
20191110_164216.jpg

こちらのハンドルの特徴としてはなんといっても握り易さが売りのハンドルになります。

このコンパクトタイプのハンドルはメーカーによって若干形状は違いますが、形としてオーソドックスなタイプに変わりはありません。
20191110_164116.jpg
ドロップが浅く、リーチも短めでアジア人向けに作られた扱いがってのいいハンドルになります!

続いてこちらは、クラシックハンドルになります。
20191110_163853.jpg

名称は、メーカーによってシャローハンドルやラウンドハンドル等言われますが、今回はクラシックで統一します。

コンパクトタイプのハンドルが生まれてなかった時代のハンドルはほとんどがこのクラシックタイプのものでした。

クラシックハンドルはリーチは決して長いわけではありませんが、ドロップが非常に深く作られており、前傾姿勢をとりやすくさせ、スプリントをする際に下ハンドルを水平にさせているため握った時に直下にパワーをかけた時に棒を握る感覚で握れるので非常にトルクをかけやすい構造になっております(* ゚∀゚)
20191110_163843.jpg

わたくし齋藤もこれを愛用しておりまして、様々なレースシーンで非常に活躍してくれました・・・(*´-`)
FB_IMG_1530138877227.jpg
FB_IMG_1529159765166.jpg

余談としてこんなハンドル達もございます。

エアロ形状を意識し、ステムと一体になっている特殊なハンドルもございます。
20191110_163744.jpg
20191110_163640.jpg

なにが自分に合っているかは、正直自分しかわからないです笑
たくさんのハンドルを使ってきましたが、自分に合ってる本当のハンドルとはなにか。

それを探し続けるのがまた面白いのです(*´-`)

今月のイベント一覧:http://hayasaka1.blog47.fc2.com/blog-entry-1671.html
申込サイト:https://gicz.jp/open/hcs1011
今月の定休日 5日・19日
スポンサーサイト