悪質な自転車の運転者に対し、安全講習の受講を義務づけるなどとする改正道路交通法が本日(6月1日)より施行されます。

改正道路交通法では信号無視や酒酔い運転、歩道での歩行者妨害など計14項目の違反を「危険行為」と定めています。3年以内に2回以上「危険行為」が摘発された違反者に対しては、公安委員会が自転車運転者講習を受けるように命令。自分の運転がどれほど危険なものであったかを気付かせるための講習を義務化するとのことです。

なお、命令を無視して3カ月以内に講習を受講しない場合は、5万円以下の罰金が科されます。
2015y06m01d_132307277.jpg
すでに、スマートフォンを見ながら自転車を運転する行為などが危険だとして問題視されていますが、道路交通法の改正により自転車ルールはいっそう厳しいものとなる見込みです。気軽な乗り物として利用されている一方で、実は「軽車両」に分類される自転車。これからも安全運転を心がけましょう。

テシガワラ
スポンサーサイト